2015年2月11日水曜日

「여기요」と「 저기요」、どう違う?【45】

韓国語母語話者でありながら「여기요」と「저기요」の違いが
イマイチはっきりしなくて若い人にきいたり、実際に観察してみたり、
考えた末に次のような結論に達しました^^

日本語を話す人から見ればどちらも「すみません~」という
意味でしょうけどね~

☆「여기요」
食堂などでよく耳にする表現です。

▶使える場面

食堂などで席に着いたお客さんが従業員を呼ぶとき

「여기요~ 물수건 주세요」
すみません~おしぼりください。

「여기요~  불판 좀 갈아 주세요.」
すみません~網を取り替えてください。

「여기요~ 김치 하나 더 갖다 주세요.」
すみません~キムチのお代りを持ってきてください。


この場合の「여기」はきっと「こちら」という意味だと思います。
遠くから従業員などを呼ぶときの言い方で、「여기 좀 오세요=こちらに来てください」とか
「여기 좀 봐 주세요=こちらを向いてください」などの意味で使っているような気がします。

私が子供の頃は大人たちは「여보세요」と丁寧に言っていたような気がします。

☆「저기요」
こちらも確か人を呼ぶときに使う「すみません」で間違いないと
思いますが、「저기」は「そちら」ではないような気がします。

この表現はお店だけでなく、道端で人に声をかけるときや、
満員バスを降りるときなど、「ちょっと、すみません」という感じでも
使います。

この場合の「저기」は「あのぉ…」という意味のハングルの
「저...」が「저기」になり、丁寧語尾の「요」が付いて
「저기요」になったと言えるでしょうか。

▶使える場面

①ハンカチを落とした人に声をかける場合

「저기요, 이거 떨어뜨리지 않으셨어요?」
あの(すみません)、これ落としてませんか?

②道を尋ねるとき
「저기요, 신촌에 가려면 몇호선을 타야 돼요?」
すみません、新村に行くには何号線に乗ったらいいでしょうか?

③食堂で従業員が近くにいる場合
「저기요, 여기 좀 치워 주실래요?」
すみません、こちらを片付けてくれますか?

いかがでしょうか?

もちろん韓国人でもあまり区別しないで使っている
人もいると思いますし、適当に使えばいいとは思いますが、
一度頭を整理しておきたいと思って書いてみました^^


☆「여기요」のもう一つの使い方
人に何か手渡すときに日本では「はい、どうぞ」とか
「こちらになります」などと言います。
この表現にぴったりなのがこの「여기요」です。

손님: 그거 좀 보여 주세요.
お客さん:それ、ちょっと見せてください。
점원:네, 여기요.
店員:はい、どうぞ。


今日は作文問題はありませんがよい一日を!
좋은 하루 되세요^^



日曜日のイベントでいただいた五星さんの「부침가루」で
おいしそうな「부침개=파전=지짐이」を作ったジョウボさんに
写真を送っていただきました。
みなさんも早速作ってみてはいかがでしょうか?
冷蔵庫にある野菜や残りの肉、キムチ、など
なんでも入れて焼けばいいんですよ~

油はごま油の方がいいかな~油をたっぷりひくのがコツ!
フライパンにくっついてきたら油を足してくださいね^^