2014年3月5日水曜日

초밥집? 족발집? 【3】

「豚足족발」が「寿司초밥」に聞こえるのは私だけ?

T: 주말에 뭐 했어요?
週末に何をしましたか?

 
 
S: 신오쿠보에서 초밥 먹었어요.
新大久保で寿司を食べました。

T: 흠~ 초밥 먹으러 신오쿠보까지 갔어요?
ふむ~寿司を食べに新大久保まで?

S: 네, 거기 유명한 초밥집이 있어요.
はい、そこに有名な寿司屋があるんです。

T: (食べたのはもしかして)족발?!

なぜ「족발」が「초밥」に聞こえてしまうのでしょうか?


これはセンテンスの中の語頭の平音「조」に勢いをつけて高く発音してしまうからでしょう。

平音で始まる語句は第一音節を第2音節より低く発音してみましょう。

抑揚の「低く」の意味がピンと来ない方は、「勢いを落として、控えめに」と覚えてください。

 족발   ➡         발           발           발
                  족          족           족

족발 좋아해요? ➡       발          아          요?
                                 족          좋          해

激音で始まる語句は第1音節を第2音節の高さと同じくらい高く発音してみましょう。

초밥  ➡  초밥     초밥     초밥

초밥 좋아해요? ➡ 초밥           아           요?
                                           좋           해

※平音 ㄱ/ㄷ/ㅂ/ㅈ
※激音 ㅋ/ㅌ/ㅍ/ㅊ/ㅎ  (ㅅも語頭で高く発音されます)


同じ現象で「좋은 가게よい店」が、「처음 가게初めての店」に聞こえたり、

전쟁영화戦争映画」が、「천정영화天井映画」に聞こえたりします^^;


「자」と「차」の違いをいくら丁寧に覚えてもセンテンスの中では抑揚で

「자」が「차」にここ得てしまうので、これからは抑揚にも気をつけましょう!


오늘도 멋진 하루 되세요~♡